審査の甘い金融会社、柔軟な審査で過去ブラックでもOKな消費者金融など、全国の金融業者から選りすぐりの借りれる金融機関を紹介します。

必ず貸してくれる・借りれる消費者金融一覧(リスト)

あなたも借りれる 教育ローン

必ず借りれる教育ローン

国の教育ローンは借りにくい

奨学金や、お住まいの地域の援助制度を利用できれば一番良いのですが、実際に生活は厳しくても、収入がある、共働きというだけで審査が通らないこともあります。
子供を希望の学校に入れてあげたいと考えている方に、選択の一つとしてカードローンをお勧めしたいと思います。

教育ローンは目的別ローンの一種です。『◯◯に使う』とはっきり決めてお金を借りる事です。その目的いかんによっては、ネックとなる総量規制の対象外にもなり得ます。
ただし、『◯◯に使う』と言って借りたのに違う事に使うと契約違反となります。教育ローンとして借りたなら、入学金や授業料の振込みの領収書を提出して、目的のものに使った事を証明する必要があります。

公的な教育ローンとカードローンの違い


教育ローンは目的をはっきり決めて借りる目的別ローンですが、一定額の範囲内で自由に使えるカードローンとの違いはなんでしょうか?
目的別ローンは、使いみちを決めてそのために借り入れをするためのローンですから、資金の使途が明確である事はまず一番の大きな違いです。
次に金利についてですが、用途にもよりますが、一般的にカードローンより低めに設定されています。返済することを考えると、やはり金利は低いほどありがたいものです。

もう一つ大きな違いは、融資してもらえるまでにかかる時間です。カードローンは早ければその日のうちに借りれることもありますが、公的な教育ローンとなるとなかなか時間がかかります。学校の入学金支払い期限との兼ね合いによっては、先に払っておいて補填する形になることもあります。これでは一時的にでも動かせるお金がない人は、せっかく受験を突破しても進学そのものを諦めなければなりません。

子供の入学金や授業料として使いたいのであれば教育ローン(目的別ローン)を推しますが、必要な金額や期間になどによって、カードローンとどちらを使った方がいいのか、今後の計画も含めて検討する必要があります。

カードローンを教育ローンとして使う

銀行のカードローンや、消費者金融のローン・キャッシングは使用目的が自由なフリーローンです。使い方が自由なお金なので、もちろん教育費用として使うことができます。
奨学金や国のローンのように領収書等を提出する必要もなければ、使用目的に制限もないため、授業料や入学金以外の関連費用としても使えます

  • 入学金、授業料、受験料
  • 受験時の交通費や宿泊費
  • 入学に伴う引っ越し代
  • 敷金や礼金
  • 制服や学校指定品の購入費用
  • 教科書代
  • 塾や家庭教師の費用

このように、奨学金や公的な教育ローンではカバーできない、入学前に必要なお金から、入学した後に必要になったお金まで、あらゆる教育関連の目的に利用可能です。

ブラックでも借りれる中小金融会社

他社借り入れ3件以上で100万円以上借りれる所
フリーローンで100万円以上のまとまった金額が借りやすい所です。フリーローンなので事業資金以外の使いみちなら何でもOKです。ここは他社借り入れ件数をあまり重要視しないところです。

多重債務でも希望額借りれるローン
他社借り入れが複数ある人でも、借入件数だけで判断せず、柔軟に対応してくれるところです。

スピード対応してくれる借り換え専門の金融会社
他社からの借り換えやおまとめに特化した融資会社です。借り入れ件数5件以上の人が借りやすい所です。
 

本当にブラックなの?思い込んでるだけかも?

ここまでブラックでも借りれる正規の借りれる所を紹介しましたが、もしかしたらブラックリストだと思い込んでいるだけではありませんか?
クレジットカードの審査が通らなかったり、キャッシング枠がつけられなかったり、銀行でローンができなくても、ブラックリストではありません。同じ銀行でも、カードローンなら収入等の条件も無いのでかなり借りやすくなっています。

また、大手消費者金融で2~3社から借りていてもうこれ以上借りれないという人は、総量規制がネックになっている可能性が高いです。
総量規制は借りすぎを防いで消費者の生活を守るための決まりですが、それでもどうしても必要なお金はあります。
消費者金融からお金を借りる場合は総量規制の対象になりますが、銀行のカードローンは総量規制の対象外です。
カードローンは銀行で借りるその他の融資とは違って審査も通りやすくなっているので、意外と借りれます。

ブラックリストになる意外な理由


考えられる理由その1:携帯電話の支払いの滞納
携帯電話の支払いには電話料金だけでなく、携帯電話本体の分割払いの料金が含まれるケースが多くあります。
電話料金の滞納だけなら電話が使えなくなるだけですが、電話本体の分割払いを滞納してしまうと、金融事故情報として記録が残ってしまいます。これを繰り返すと、経済状況が悪いと見なされたり、お金を貸しても返さない人と判断されて、カードローンの審査がおりないどころか、クレジットカードの審査も通らなくなりますので注意してください。

考えられる理由その2:一度に3件以上のローン・キャッシングに申し込みをした
また一度も滞納していなくても、一瞬でブラックになってしまうケースがあります。
それは一度に3件以上の融資会社に申し込みをすることです。
ついでにとりあえず別会社の融資枠も作っておこうとか、合い見積もりのような感覚で気軽にこれをやってしまうとアウトです。返済用のお金を別の融資会社から借りる多重債務者と勘違いされて、申し込みブラックとなりどこからも借りれなくなってしまいます。

ただこの申し込みブラックの場合、半年待てばブラックリストから削除されます。一度にたくさん申し込みをして借りれなくなった人は、半年経てばまた借りれるようになります。

もしかしてブラックじゃないかも?と思った方は、前回の申し込みから半年あけて、1社か2社に絞って申し込みすることをおすすめします。

-あなたも借りれる, 教育ローン
-,

Copyright© 必ず貸してくれる・借りれる消費者金融一覧(リスト) , 2021 All Rights Reserved.